入れ歯治療

歯を失ってしまったまま放っておくと、となりの歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた歯が伸びてきたりして咬み合わせのバランスが崩れるリスクがあります。
お口全体の健康を損なうことがないようにできるだけ早く治療しましょう。

失ってしまった歯のスペースを補う治療法には、
・両隣の歯を削り支台にして連結した被せを装着する「ブリッジ」と、
・周囲の歯を削る量を最小限にした取り外し可能な「入れ歯」と、
・チタン製の人工歯根を骨に埋め込む「インプラント」があります。

患者様それぞれにあった治療計画を、プロの視点からアドバイスをさせていただきます。
お気軽にご相談ください。

患者様に合った入れ歯をご提案します~入れ歯治療~

患者様に合った入れ歯をご提案します~入れ歯治療~

「外れやすい」「歯ぐきが痛む」などの入れ歯の不具合を我慢していませんか? 合わない入れ歯を使い続けると、歯ぐきに炎症を起こしたり、まわりの歯や顎関節に負担をかけて痛めてしまうかもしれません。入れ歯にお困りでしたら、お早めに当院までご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違いについて
保険診療 自費診療
耐久性・強度 割れたりすることがある 強度が高い 変形しにくい
費用 \5,000~10,000 小さいサイズ \150,000~
大きいサイズ \200,000~
装着感 入れ歯に厚みがあるため
違和感を感じやすい
精密に型取りするため
適合性に優れ、厚みも薄く
違和感を感じにくい

※表は左右にスクロールして確認することができます。

取り扱い入れ歯について
レジン床義歯【保険診療】

レジン床義歯【保険診療】

レジン(歯科用プラスチック)製の入れ歯です。部分入れ歯の場合は残っている歯に金属のバネをかけます。厚みが必要なので装着感はあまりよくありません。経年により汚れやすい素材ですが、修理や調整が比較的かんたんです。

チタン金属床義歯【自費診療】

チタン金属床義歯【自費診療】

チタン金属で補強された入れ歯です。
保険のレジンよりも薄くつくれるため、装着感が向上します、またチタン金属は食べ物の温度が歯肉に伝わりやすいため、味覚が良くなります。
丈夫で汚れがつきにくい素材です。

金額150,000円~250,000円

※設計内容により価格は変動します。
※総入れ歯は200,000円になります。

厚みの違いをご覧ください。

スマートデンチャー(金属バネが目立ちにくいチタン金属床義歯)【自費診療】

スマートデンチャー(金属バネが目立ちにくいチタン金属床義歯)【自費診療】1スマートデンチャー(金属バネが目立ちにくいチタン金属床義歯)【自費診療】2矢印ここが「金属のバネ」と違いのピンク色になるので、バネの色が歯肉に同調し、目立ちにくくなります。

このスマートデンチャーは、「金属のバネ」を歯にかけるのではなく、「特殊に強化したレジン」を歯に合わせるため、バネが目立ちにくい特徴があります。
スマートデンチャーは、チタン金属義歯の丈夫さ、装着感のよさに加えて審美的な部分も兼ね備えています。

\235,000(税別)

ノンクラスプデンチャー(金属バネが目立ちにくい義歯)【自費診療】

ノンクラスプデンチャー(金属バネが目立ちにくい義歯)【自費診療】1ノンクラスプデンチャー(金属バネが目立ちにくい義歯)【自費診療】2

ノンクラスプデンチャーはスマートデンチャーと同じく「金属のバネ」を使用しないので、目立ちにくい特徴があります。
ただし、チタン金属を使用しないので比較的入れ歯に厚みがあり、また多数の歯が欠損した部分には適応されません。

\150,000(税別)

お口のトラブル予防のために定期検診を受けましょう詳しくはこちら