根管治療

根管治療(歯内療法)とは

重度の虫歯でも、抜歯をせずに済む可能性があります

虫歯などの原因で「ばい菌」が歯の中の神経にまで入り感染すると、根の先に病変ができます。
治すためには侵入した「ばい菌」を根管内から取り除く必要があります。この治療を「根管治療」と言います。
根の先の病変(根尖性歯周炎)を「歯を抜かずに治す」、それが根管治療の特徴の一つです。

根管治療が難しいと言われる理由

根管は、非常に複雑な形をしています。
特に根管の先は無数に枝分かれをしていることが多く、
こういった部位に入り込んだ「ばい菌」をすべて取り除くことは困難です。
そのため、「ばい菌」を根管内から可能な限り減らすという考え方が重要になります。

根管治療成功の2つのカギ

①無菌的環境のもとで治療を行う →治療中に「ばい菌」を入れない
②世界基準の方法・材料を用いる →最も効率よく効果的に「ばい菌」を減らす

①無菌的環境のもとで治療を行う

根管治療では、治療中に「ばい菌」が入らないようにラバーダム防湿を行うことがとても大切です。 他にも、使用する器具の徹底した滅菌処理、ディスポーザブル(使い捨て)の使用に努めることも重要です。

②世界基準の方法・材料を用いる

根管の中は非常に複雑な形をしています。そのため「ばい菌」を根管内から100%ゼロにすることはできません。
ただし治療により、痛みもなく、しっかり咬めて、まわりの組織へと感染が広がらない状態にすることは十分可能です。
そのためには、世界基準に沿った方法・材料を用いて徹底的に「ばい菌」の数を減らすことが必要となります。

根管治療の流れ

ラバーダム
ラバーダム
治療中に唾液などに触れたりしないように歯に隔離処置を行います。

arrow right

arrow down

根管拡大
根管拡大
根尖病変の原因となる「ばい菌」を根管内から掻き出します。

arrow right

arrow down

化学的洗浄
化学的洗浄
抗菌性の薬液を根管内に満たし超音波振動を与えます。

arrow right

arrow down

貼薬
貼薬
根管内に仮のお薬を入れて1週間待ちます。

arrow right

arrow down

根管充填
根管充填
1週間後に最終的な薬で封鎖します。

マイクロスコープを用いた根管治療は1回の治療時間は60~90分になります。
北米の歯内療法専門医が推奨している方法、材料を用いて行います。

外科的歯内療法

従来の根管治療で治らない場合、次の手段として外科的歯内療法へ移行します。
外科的歯内療法とは、主な原因となる根の先端をおよそ3mm切除して、そのあと根の先から封をします。
従来の伝統的な外科的歯内療法の成功率は40~60%でした。
しかし、マイクロスコープを活用した方法では、成功率は 90%以上と報告されています。
根管治療から外科的歯内療法までを含めると、かなり高い確率で根の先の病気を治すことができます。

Penn Endo Study Club in Japan
(ペンエンドスタディクラブインジャパン)とは

精密根管治療などの高度な治療も対応

当院の院長は、世界を標準とした高水準な根管治療の知識と技術を、日本の歯科医師へ普及していくことを目的とした「Penn Endo Study Club in Japan(PESCJ)」に所属しています。 セカンドオピニオンも受け付けておりますので、お困りの際は是非ご相談ください。

精密根管治療などの高度な治療も対応