予防歯科

虫歯になる前に歯医者に行きましょう

虫歯になる前に歯医者に行きましょう

歯科医院に行くのは「痛くなってから」と考えている方が多いかもしれません。お口の健康維持のためにも、歯医者は「虫歯や歯周病にならないように、痛くなる前に行くところ」という意識を持つことが大事です。滋賀県大津市の歯医者「白瀬歯科医院」では定期検診の受診をおすすめしています。

年をとったら歯を失うのは仕方ないと思っていませんか?

年をとったら歯を失うのは仕方ないと思っていませんか

歯を失うのは加齢のせいではありません。歯を失う多くの原因は虫歯歯周病です。どちらも細菌感染で、発症のメカニズムがわかっているので予防が可能な病気です。予防の基本は毎日のブラッシングなどによるセルフケアですが、そこに加えていただきたいのが歯科医院での定期検診です。

予防意識が高いスウェーデンでは「歯科医院には病気を未然に防ぐために通う」というのが常識になっています。そのためか、高齢になっても咀嚼や発音にストレスを感じることなく健全な歯を残して生活している方が多いのです。

メンテナンスの重要性について

メンテナンスの重要性について

虫歯や歯周病は再発しやすい病気です。せっかく治療を終了してもすぐにまた再発させてしまっては意味がありません。お口の健康維持のため定期検診でメンテナンスしましょう。予防歯科のメリットは、毎日のセルフケアでは落としきれないお口の中の汚れを徹底的に落とせることです。お口のトラブル予防につながるだけでなく、お口の中がサッパリします。病気を未然に防ぐので治療をする必要がありません。医療費を抑えることができるうえ、全身の健康にもつながるのです。

歯周病はお口の中だけでなく全身疾患にも関連します詳しくはこちら

より効果的な予防を実現するために

予防のための基本は毎日のセルフケアです。そしてセルフケアでは不十分なところを、定期的なプロフェッショナルケアでしっかりチェックしましょう。予防効果がさらに高まります。

ご自宅で行うセルフケア
ブラッシング

ブラッシング

毎日のブラッシングが予防の基本です。就寝中はお口の自浄作用がある唾液の分泌が減少して、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。予防効果を高めるために、就寝前の丁寧なブラッシングが大事です。

フッ素配合歯みがき剤

フッ素配合歯みがき剤

フッ素には歯質を強化する作用がありますので、ブラッシングの際にはフッ素配合の歯みがき剤の使用をおすすめします。フッ素入りの洗口剤(うがい薬)との併用も虫歯予防につながります。

デンタルフロス

デンタルフロス

歯と歯の間は汚れがたまりやすい部位です。そこは歯ブラシが届きにくいので、汚れを落とすためにデンタルフロスを活用しましょう。歯と歯の間の歯面に沿ってやさしくゴシゴシ動かし汚れをこすり取りましょう。

歯間ブラシ

歯間ブラシ

フロスを使用した後で歯間ブラシを使用することで汚れをさらに落とすことができます。歯ブラシとデンタルフロス、歯間ブラシをすることで、効果のあるケアとなります。

プロフェッショナルケア
ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯や歯周病などのお口のトラブル予防のための基本は毎日のブラッシングで汚れを落とすことです。患者様のお口の状態に合わせて、ブラッシングの仕方をアドバイスいたします。

スケーリング

スケーリング

プラークが石灰化した歯石はブラッシングでは落とせません。歯ぐきより上に付着する歯石は専用の器具を使って削り取ります。

PMTC

PMTC

口腔ケアのプロフェッショナルである歯科衛生士が専用器具を使って歯の着色汚れを落とし、仕上げに歯を滑らかみがいてつるつるにします。

予防の流れ

Step1:定期的な口腔内チェック

定期的な口腔内チェック

お口の状態に合わせて3~6ヵ月ごとの定期検診をご提案します。プロフェッショナルの目でお口の中をチェックして、虫歯や歯周病のリスクがないかを調べます。前回との比較を行い、次回の検診時期をご提案します。

Step2:歯科衛生士からのアドバイス

歯科衛生士からのアドバイス

さまざまな検査結果をわかりやすくご説明します。患者様のお口の状態に合わせて虫歯や歯周病予防につながるブラッシング指導を含めたさまざまなアドバイスを行います。

Step3:プラークや歯石の除去

プラークや歯石の除去

スケーリングで歯石を除去し、PMTCで最後に歯の表面を磨き上げます。