歯周病治療

歯周病は歯を失うこわい病気です

歯周病は歯を失うこわい病気です

歯周病とは、プラーク(歯垢)や歯石の中にひそんでいる歯周病の原因菌によって歯ぐきが炎症を起こし、やがて歯を支えるまわりの顎の骨が少しずつ破壊されていく感染症です。治療をしないと歯が抜け落ちてしまう恐れもあり、日本の成人が歯を失う原因の第1位は歯周病といわれる程です。こちらでは滋賀県大津市の歯医者「白瀬歯科医院」が、歯周病に関する情報をお知らせします。

基礎治療をしっかり行ってから治療をはじめます

基礎治療をしっかり行ってから治療をはじめます

初期段階の歯周病には自覚症状がありません。そのため気づかないうちに進行していきます。日本人の成人の5人に4人は歯周病予備軍またはすでに歯周病を発症しているといわれるほど蔓延しているのです。歯周病の予防や治療の基本は、プラークや歯石を除去することからはじめます。

歯周病を引き起こす症状はお口まわりだけにとどまりません

歯周病を引き起こす症状はお口まわりだけにとどまりません

歯ぐきの腫れ・炎症からはじまり、歯ぐきから出血したり、歯ぐきが下がったり、口臭が強くな ったりする歯周病。治療せずに放っておくと歯を失うことにつながります。しかし歯周病がこわいのは全身疾患との関連性です。糖尿病や心疾患、脳梗塞や誤嚥性肺炎を引き起こすことがあるのです。また妊婦さんが歯周病を悪化させると早産や低体重児出産のリスクを高めてしまいます。

治療の流れ

歯周病の基本治療の流れをご紹介します。実際には一人ひとりのお口の状態により治療の内容や流れは異なります。まずはお気軽に当院までご相談ください。

Step1:検査

検査

プラークの付着度合いや、歯の動揺度検査、歯周ポケット測定などを行い、歯周病の進行度合いをチェックします。歯周病は進行するにつれ、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)が深くなり、歯がグラつきだします。

Step2:応急処置

応急処置

歯ぐきの痛みや腫れ、出血があり応急処置が必要な場合はその処置を行います。状態に合わせて「歯ぐきを切開して膿を出す」「咬み合わせを整える」「薬により治療する」などさまざまな処置を行います。

Step3:ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯周病の治療や予防の基本は毎日のブラッシングです。お口の状態に合わせて汚れを落とすのに効果的なブラッシング方法をアドバイスします。

Step4:スケーリング(歯茎より上の処置)

スケーリング(歯茎より上の処置)

ブラッシングでは落とすことができない歯石は専用器具を使って落とします。スケーリングでは歯ぐきより上の歯と歯の間などの付着する歯石を除去します。
痛みが苦手な方には麻酔をさせて頂きますので、お声がけください。

Step5:必要に応じて検査を行います

必要に応じて検査を行います

必要に応じて歯周ポケット検査、歯の動揺度検査、出血などの確認を行います。

Step6:SRP(歯ぐきの溝の歯石除去)

SRP(歯ぐきの溝の歯石除去)

再検査の結果、改善が見られない場合に行います。歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)に付着している歯石を専用の器具で歯根に付着する歯石を取り除きます。仕上げに歯面を滑らかにします。

Step7:歯周外科

歯周外科

Step6まで行っても歯周病の症状が改善しない場合は、歯周外科処置を行います。歯周病の進行度合いによりさまざまな歯周外科処置があります。

Step8:メンテナンス

メンテナンス

歯周病治療後は、3~6ヵ月に1回の定期検診の受診をおすすめしています。歯周病は再発しやすい病気ですので、少しのお口の変化も見逃さないようにするためです。再発予防と健康維持のため定期検診を活用しましょう。

子どもの歯も大人の歯も虫歯の予防が大切です予防歯科について詳しくはこちら