虫歯治療

虫歯はしっかり予防、そして早期発見・早期治療が大切です

虫歯はしっかり予防、そして早期発見・早期治療が大切です

多くの方が経験したことがある虫歯は、まず虫歯の原因菌がお口の中の糖分を分解してネバネバしたものを作ります。そのネバネバが歯に付着して、プラーク(歯垢)を形成します。そこから菌が「酸」を出し、その「酸」が歯を溶かしていくのです。大事なのは虫歯についての理解を深め、予防早期発見・早期治療につなげていくことです。こちらでは滋賀県大津市の歯医者「白瀬歯科医院」が、一般的な虫歯治療についてお知らせします。

虫歯治療

【なるべく痛みの少ない「無痛治療」をご提供しています】

【なるべく痛みの少ない「無痛治療」をご提供しています】

治療の痛みを抑えるために局所麻酔をします。その麻酔注射自体の痛みを軽減するために、表面麻酔を使用し、できるかぎり細い麻酔針を使用するなど、患者様の反応を確認しながらさまざまな工夫をしています。

当院では「痛くなかった」との感想を多数いただいているほどです。あなたも痛みを抑えた「無痛治療」で虫歯治療しませんか?

虫歯になるメカニズム

虫歯のメカニズムは冒頭でお話ししましたが、もうひとつご説明したいのが「脱灰」「再石灰化」です。食事をするとお口の中は「酸性」に傾き、歯の成分が溶け出します。これが「脱灰」です。しかし時間とともに唾液などの自浄作用により、溶かされた歯の成分が元に戻る「再石灰化」が起こります。通常はこのバランスが取れていますが、いったんバランスがくずれて「再石灰化」が追いつかなくなると虫歯になってしまうのです。

虫歯の進行段階と治療法
CO:初期の虫歯
CO:初期の虫歯 【症状】歯が白く濁って見える状態で、歯の黒ずみはまだ見られません。「脱灰」の状態です。 【治療内容】
  • 歯の汚れを落とし、再石灰化を促すためのブラッシング指導をします
  • 歯のクリーニングをします
  • フッ素塗布により歯質強化を促します

※表は左右にスクロールして確認することができます。

C1:エナメル質の虫歯
C1:エナメル質の虫歯 【症状】歯の表面を覆うエナメル質が溶けはじめた状態で黒ずんで見えます。痛みなどの自覚症状はまだありません。 【治療内容】
  • 虫歯部分を除去し、レジン(歯科用プラスチック)で補います

※表は左右にスクロールして確認することができます。

C2:象牙質の虫歯
C2:象牙質の虫歯 【症状】エナメル質の内側の象牙質まで溶けはじめた状態です。冷たい物や甘い物がしみることがあります。 【治療内容】
  • 虫歯部分を削り、レジンまたは詰め物・被せ物を装着して歯を補います

※表は左右にスクロールして確認することができます。

C3:神経まで達した虫歯
C3:神経まで達した虫歯 【症状】歯の中の神経にまで汚染が進んだ状態です。何もしなくてもズキズキ痛みます。 【治療内容】
  • 歯の神経を抜く根管治療を行います
  • その上に土台をつけ被せ物を装着して歯の機能を補います

※表は左右にスクロールして確認することができます。

C4:重度の虫歯
C4:重度の虫歯 【症状】歯冠(歯の上の部分)のほとんどが溶かされた状態です。歯の神経が死んでしまうといったん歯の痛みはなくなりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。 【治療内容】
  • 根管治療を行っても歯を残せない場合は、抜歯となり、入れ歯治療やインプラント治療を行い歯の機能を補います

※表は左右にスクロールして確認することができます。

【重度の虫歯でも歯を残せる場合があります~根管治療~】
以前は、歯の神経にまでおよんでしまった重度の虫歯は抜歯するしかありませんでした。しかし、歯科医療の進歩にともない、歯を残す「根管治療」で重度の虫歯でも残せる場合があります。

重度の虫歯でも歯を残せるかもしれません根管治療についてのお話はこちら

子どもの歯も大人の歯も虫歯の予防が大切です予防歯科について詳しくはこちら